忍者ブログ

B級グルメ紹介_ローカルグルメの数々

食いしん坊貧乏システムエンジニア燃えPaPaの送る 日々開拓してきたり、情報収集してきた、数々の地域別B級グルメ情報の紹介

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

富士宮焼きそば

こんばんは、
燃えPaPaです。

B級グルメ紹介のトップバッターは、
まず、B級グルメ、ご当地グルメ的なものを世に広めた(世に広まったらB級じゃない、って野暮なツッコミは置いといて)、
今や超有名となった焼きそば、
日本三大焼きそば(他もそのうち紹介します)

富士宮焼きそば

富士宮やきそば(ふじのみややきそば)は、静岡県富士宮市の焼きそばで、
「富士宮やきそば」という名称は古くから当地で食べられてきた焼きそばに新たに命名した名称で、
1999年に富士宮市の地域おこしに付いて話し合いをしている際に、独自性がある地元の焼きそばに着目したのがきっかけだそうです。

御当地人気料理特選に選ばれていて、
B級グルメの人気を決めるB-1グランプリにおいては第1回と第2回は第1位、第3回は特別賞。
地域おこしの成功例として取り上げられるほど。

特徴は

・モチモチした蒸し麺を使用
・肉カスを入れる(ラードを絞った後の「肉カス」を使用)
・鰯の削り節
 焼きそばの上にかけるのは鰯のみの削り節。となっている
 またこの削り節は「静岡おでん」にもよくかけられる

とされています。


調理方法は

・具を炒めた後に指定麺(蒸し麺)を入れ、すぐ少量の水を注ぎ、炒める
・水分がなくなったところでやきそばソースを入れてかきまぜる
・具・トッピングは、肉かす(油かす)、キャベツ などであり、完成後にサバやイワシの削り粉を振り掛けて食べる
 ※店や家庭によっては、イカ、ひき肉、桜エビを入れるものも存在する(桜エビは富士宮市に程近い駿河湾の名産でもある)


現在では、B級ご当地グルメとしてすっかり有名になり、
市内のショッピングセンターやスーパーの多くで販売され、通信販売も行われています。
※他、おかし、カップ麺などでも販売

B-1グランプリ優勝から、町おこしにも成功した事例から、
すっかりB級グルメの代名詞のような存在になった富士宮焼きそばでした。


なお、「富士宮やきそば」という名称は、「NPO法人まちづくりトップランナーふじのみや本舗」が所有する登録商標であり、
名称を使用して販売するためには、
・製麺会社(マルモ食品、曽我めん、叶屋、木下製麺所)から仕入れ
・調理法も規定に従う
・商標使用料を支払う
などいくつかの条件があるため、なかなか他県で直接お店で富士宮やきそば自体を食べられる機会はないです。
できる限り富士宮市に足を運び、
本場の味を楽しむことをオススメします。


燃えPaPa
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

スポンサーリンク

スポンサードリンク

プロフィール

HN:
燃えPaPa
性別:
非公開
Copyright ©  -- B級グルメ紹介_ローカルグルメの数々 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]